【Visual Studio Code】エディターの基本設定について

ツール

Visual Studio Codeの設定変更方法

まずは基本的なVSCodeの設定方法についておさらいします。

1. アクティビティバーの設定アイコン > 設定を選択します。

2. 設定画面が開くので該当の設定を変更します。設定項目は検索ボックスから絞り込みができます。

というように、VSCodeの設定は難しいものではありません。

今回はこの中でもエディターの設定について、いくつかピックアップしてご紹介します。

エディターの設定項目

Auto Closing Brackets

左括弧を入力した場合に、自動的に右括弧を挿入するかを設定します。ここでいう括弧は、()[]{} になります。

always自動的に挿入します。
languageDefined (Default)挿入するかは言語ごとに設定します。※設定については割愛
beforeWhitespaceカーソルの右側に文字がないまたは全てスペースの場合に挿入します。
never挿入しません。

Auto Closing Quotes

シングルクォーテーション()、またはダブルクォーテーション()を入力した場合に、同じ記号を挿入します。

always自動的に挿入します。
languageDefined (Default)挿入するかは言語ごとに設定します。※設定については割愛
beforeWhitespaceカーソルの右側に文字がないまたは全てスペースの場合に挿入します。
never挿入しません。

Detect Indentation

Tab Size と Insert Spaces の設定をファイルに合わせるかどうかを制御します。

checked (Default)ファイルの設定に合わせます。ただし、判定できない場合はエディターの設定に合わせられます。
no cehckエディターの設定に合わせます。

Drag And Drop

選択範囲をドラッグ&ドロップで移動できるかを制御します。

checked (Default)移動を許可します。
no cehck移動を許可しません。

Empty Selection Clipboard

選択せずにコピーした場合、カーソルの行の内容をすべてコピーするかを制御します。

checked (Default)行コピーを許可します。
no cehck行コピーを許可しません。

Insert Spaces

Tabキーを押した場合に、通常のタブを挿入するかスペースを入力するかを制御します。

checked (Default)スペースを挿入します。※スペースの数はTab Sizeの設定値になります。
no cehckタブを挿入します。

Line Numbers

行番号の表示方法を制御します。

off行番号を表示しません。
on (default)行番号を全て表示します。
relativeカーソル位置の行番号を表示します。その他の行はカーソル位置までの行数が表示されます。
intervalカーソル位置と10行ごとの行番号を表示します。

Minimap:Enabled

ミニマップの表示設定をします。

checked (Default)ミニマップを表示する。
no cehckミニマップを非表示にします。

Mouse Wheel Scroll Sensitivity

マウスホイールの感度を設定します。

デフォルトは1で、値を大きくするにつれてスクロールの感度が良く(移動が速く)なります。

Mouse Wheel Zoom

エディターのズーム機能を制御します。ズーム機能はCtrlキー+マウスホイールで使用できます。

checkedズーム機能を許可します。
no cehck (Default)ズーム機能を許可しません。

Render Whitespace

スペースを視覚化するかを制御します。

none (default)スペースを表示しません。
boundary単語間のスペースは表示せず、その他のスペースは表示します。
selection選択した場合にスペースを表示します。
allすべてのスペースを表示します。

Tab Size

Insert Spaces が設定されている場合、挿入するスペースの数を設定します。設定されていない場合はタブの見かけ上の幅を設定します。

Word Wrap

行の折り返しの設定をします。

off (default)行の折り返しをしません。
onエディターのサイズに収まらない行は折り返します。
wordWrapColumnWord Wrap Column で設定した文字数で折り返します。
boundedWord Wrap Column で設定した文字数で折り返します。
ただし、エディターのサイズに収まらない行は文字数に達していない場合でも折り返します。

Word Wrap Column

Word Wrap で wordWrapColumn か bounded を設定した場合の折返し文字数を設定します。

Wrapping Indent

行を折り返した場合のインデントの表示を設定します。

noneインデントしません。
same (default)親と同じインデントにします。
indent親のインデントに対し、さらにインデントします。
deepindent親のインデントに対し、さらに2回インデントします。

 

- Visual Studio Codeのおすすめ書籍はコチラ -

コメント

タイトルとURLをコピーしました