【Git入門】Gitの基礎知識とインストール方法についてちょこっと解説

ツール

Gitとは?

Git(ギット)は、ファイルのバージョン管理を行うためのシステムの1つです。

他のバージョン管理システムと比べると、その人気の高さが分かります。

さらにGitには、GitHubやBitBucket、GitLabなど様々なホスティングサービスがあります。こういったサービスを利用することでいろんな人とソースを共有でき、またいろんな意見をもらうことができます。

今からバージョン管理を始めるのであれば、Gitを選んでおいて損はないと思います。

そもそもバージョン管理って?

バージョン管理は、ファイルの変更履歴を管理するためのものです。

ある時点でのファイルの状態を変更履歴として保存します。ファイルの状態を保存することをコミット(Commit)といい、複数のコミットでできた変更履歴のことをリポジトリ(Repository)といいます。

こうすることで、どのような編集をしたのかをコミット単位で確認することができますし、指定したコミットまで状態を戻すこともできます。例えば状態Cの編集が必要なくなった場合、すぐさま状態Bに戻すことができます。

また複数人で作業している場合に、ある状態から別の編集をしたとしても、後でそれらの編集を合わせる(マージ:Merge)することができます。

基本的にバージョン管理はプロジェクト単位で行うため、一度に複数のファイルを管理します。

Gitの基礎知識

Gitの基礎知識について、利用例を基に解説していきます。


1. プロジェクトのリポジトリはサーバーで管理されています。


2. 開発メンバーは、サーバーのリポジトリを自分のPCにコピー(クローン:Cloneし、開発を進めていきます。


3. 一通り開発が終わったため、PC上のリポジトリに変更をコミットをします


4. サーバーのリポジトリにも変更を反映します(プッシュ:Push

※サーバーのリポジトリに直接コミットするのではなく、PC上のリポジトリと同じ状態になるようにコピーするイメージです。


5. 他の開発メンバーは、サーバーのリポジトリが更新されていることを確認します(フェッチ:fetch


6.更新されている場合は、サーバーのリポジトリから更新内容を自分のPC上のリポジトリに反映します(プル:Pull


細かいことはまだありますが、大きな流れとしてはこのようになります。

ここで、サーバー上のリポジトリのことをリモートリポジトリといい、各個人の端末上のリポジトリのことをローカルリポジトリといいます。

基本的にリポジトリの反映はすべてローカルリポジトリで行い、リモートリポジトリへの反映はプッシュでのみ行います。

インストール方法

ここではWindowsのインストール方法について説明します。

以下のリンクからインストーラーをダウンロードします。

Git - Downloads

ダウンロードが完了したら、インストーラーを起動してインストールを始めます。


1. ライセンスを確認します。


2. インストール先のフォルダを選択します。

特にこだわりがない場合はそのままでOKです。


3. 追加するコンポーネントを選択します。

デフォルトでも構いませんが、以下を参考にお好みで選択してください。

  • Additional Icon: デスクチップにアイコンを追加
  • Windows Explorer integration: エクスプローラーで右クリックしたときのメニューを追加(Git Bash Here、Git GUI Here)
  • Git LFS: サイズの大きいバイナリファイルをサポート
  • Associate .git* configuration files with the default text editor: Gitの設定ファイルをデフォルトエディタで開くように設定
  • Associate .sh files to be run with Bash: シェル(.sh)ファイルをGit Bashで開くように設定
  • Use a TrueType font in all console windows: WindowsのすべてのコンソールのフォントをTrueTypeに設定(文字化けの原因となるため非推奨
  • Check daily for Git for Windows updates: 毎日Gitのバージョンを確認


4. スタートアップメニューに追加するかを選択します。

基本はそのままでOKです。


5. コミットのコメントなどを編集する際に使うエディタを選択します。

デフォルトではVimが選択されていますが、VSCodeなどもあります。ここはお好みで選択してください。


6. Gitコマンドが使えるように環境変数にパスを設定します。

  • Use Git from Git Bash Only: パスを追加せずGit Bashでのみ使用可
  • Git from the command line and also fro 3rd-party-software: WindowsのコンソールからGitコマンドが使えるようにパスを追加
  • Use Git and optional Unix tools from the Command Prompt: WindowsのコンソールからGitコマンドに加えUnix系のコマンドが使えるようにパスを追加(※ただし既存のコマンドに影響を与える可能性があるためおすすめしません)


7. HTTPS通信を行う場合のSSL証明書の種類を選択します。

個人で使う場合にはUse the OpenSSL LibraryでOKです。


8. チェックアウト・コミット時のファイルの行末(改行コード)の変換処理方法を選択します。

  • Checkout Windows-style, commit Unix-style line endings: チェックアウト時はLF→CRLF、コミット時はCRLF→LFに変換
  • Checkout as-is, commit Unix-style line endings: チェックアウト時は変換せず、コミット時はCRLF→LFに変換
  • Checkout as-is, commit as-is: 変換しない

Windowsだけで使用する場合は一番上で問題ありません。他のOSも使用する場合は一番下を選択します。


9. Git Bashで使用するターミナルを選択します。

Use MinTTY(Linux系)で問題ありません。

どうしてもWindowsのコンソールが使いたい場合だけ Use Windows’ default console window を選択します。


10. 追加オプションを選択します。

  • Enable file system caching (推奨): PCリソースを消費することで高速化する
  • Enable Git Credential Manager(推奨): 資格情報管理機能を有効化する(後にGitHubなどを利用する際に認証の手間を省けます)
  • Enable synbolic links: シンボリックリンクをGit管理できようにする


11. 外部オブションを選択します。

Gitのaddコマンドの -i オプションと -p オプションを使えるようにします。必要な場合は追加しましょう。


12. これでインストールは完了です。


まとめ

バージョン管理は開発を行う上では必要不可欠です。

Gitはユーザーも多いですし、いろいろと恩恵を受けられるのでおすすめです。

 

- Gitのおすすめ書籍はコチラ -

コメント

タイトルとURLをコピーしました